ブログの記事一覧

さて、先日の「読めんと~」の漢字の問題。

答え合わせです♪

① 弁える → わきまえる
② 強か   → したたか
③ 具に   → つぶさに
④ 滴滴  → たらたら

いかがでしたでしょうか。
日本人でありながら、分からない漢字の多いことに気付かされ、30年以上前に高校の朝学で漢字の小テストがあったことを思い出し懐かしくなりました。


店長が、私に漢字の読み方の問題を出されました。


 弁える

 強か

 具に

 滴滴


皆さんは分かりますか?

私は全く分かりませんでした💦

「強か」に至っては、「つよか~」とそのまんま読みましたら店長から
「つよか~って、博多弁じゃなかとよ」
と突っ込みが入りました...汗

答えは次回にて♪


最近、出勤をすると必ず鳥の糞がポストの上に落ちているので、「何故?」と新入社員の三上さんと不思議に思っていました。

ようやく原因発見!
ツバメが東武住販の看板裏に巣を作っていました♪

姿が見えずとも雛の可愛い鳴き声が聞こえてきます。
その雛に、親ツバメが餌を運んでいました。

よく、ツバメが玄関先に巣を作ると幸運が舞い込んでくると言われます。
さぁ~幸運は訪れるのでしょうか?






「これ、見て♪」
と、店長が見せてくださった写真がとても綺麗だったので、ブログにあげさせていただきます♪

店長が日課にされている、帰宅後のランニングコースが春色に染まり、とても綺麗だったとのこと。。。






さぁ、今からどのような態勢を作っていくのでしょうか✨


頑張れ(笑)!


器用に、ソファーの背もたれの上部で、睡眠中...

店長が、この上なく可愛がられてるシーズー犬のお名前は『レイちゃん 』♪

どんな夢を見ているのでしょうか...(^-^)♪


先日、次女がアルバイトをしているスーパーに買い物に行きました。

夜8時過ぎ頃でしたでしょうか。
お客様もまばらな中、私は防府市施策の「プレミアム商品券」1枚(1000円)を使うべく、自分が必要とする調味料4点をカゴに入れ、レジに向かいました。
その日、次女はレジ横のサービスカウンターに居ました。

「あっ、母たん。今日は何を買うん?」
と私を見つけ、カゴの中に目線を移す次女に、買い物カゴの中を見せると
「惣菜コーナーに行った?」
と聞いてきたので
「ううん」
と答えると
「今、惣菜に『モグモグチャレンジシール』が貼ってあって、それをサッカー台の壁に貼られている『台紙』に貼っていって、全部埋まったらご飯を食べられない…
店長からお借りしていた

『 松本清張 或る「小倉日記」伝 』

読まんにゃいけん、読まんにゃいけん、と思いながら時間が過ぎてゆき、
お借りして4ヶ月...先日やっと読み終えました。

短編小説が12話、1話ごとに異なる登場人物と話で構成されていて、読む毎に物語に引き込まれます。
引き込まれ過ぎて、その情景や、登場人物のその時の感情を体感してしまい、読みながら吐き気を覚えてしまうほどでした。

その、特に私が吐き気を覚えた物語が、「菊枕」、「赤いくじ」でした。

何とも言えない、人間の奥底に隠しているわずかな感情が、ちょっとしたきっかけで、自分の意図せぬ感情へと膨れ上がり自制がきかなくなってしまう。
高見の見物で物語を眺めて…
さて、質問です。
『ヘリコプター』は何処で区切るでしょ~か?

①『ヘリ』と『コプター』
②『ヘリコ』と『プター』
③『ヘリコプ』と『ター』

①を選んだアラフィフおばちゃん!.....ブッブ―。
さてさて~残るは②と③
どっちでしょうか♪

答えは~②でした♪

先日、「『ヘリコプター』はどこで区切るか言ってん。」
と店長から突然聞かれ
「えーと、ヘリとコプター」
と答えると
「あら、可愛い答えやねぇ。でも、違うんよ。『ヘリコ』と『プター』なんよ。」
と教えて下さいました。

でも、その意味までは分からず、調べてみると。
ラテン語由来の言葉で、『ヘリコ』は螺旋、『プター』は翼、を意味するとのことでした。

他にも「え?そんなところで区切…
またまた、お昼の休憩中。
「﨑山さん、メモ取れる?」
と、店長からご指示があったので、何事かと意気込んでペンを片手にメモを取る準備へ。
((同時に読者のあなたも思い浮かべて読み進めてください!))

「良い?言うよ。」
「はい!」

①「スキー。ゴミ箱。お土産。鼻水。珈琲。冬。コップ。温泉。

書いたかね、と店長の確認が入り、
「今、言った単語の中で、1つだけ!インスピレーション、頭に思い浮かべたら次。」
と仰られたのでメモを取る。

②「針。米。電話。牛乳。電卓。饅頭。ティッシュ。雪。


「一つ目の単語と関連するものを1つ、選んじょって。また続けて言うからね。」
次は、、

③「暗い。甘い。狭い。赤い。鋭い。遅い。白い。大き…
先日、お昼の休憩中に店長が...。
「これ、﨑山さんに話したかなぁ。」
と言ってニヤニヤ。
ゔ...これは、よからぬ話💦
ちょっと身構えて話を聞く態勢に入り、「なんでしょうか」と答える。

「﨑山さんの生まれた年、和暦じゃなくて、西暦の数字があるじゃん。」

「...はい...」と未だ身構えて答える私。

「その数字に、自分の年齢を足してごらん。」

「...はい...」

「2021にならない?実は、﨑山さんの息子さんも2021になると思うよ✨✨」

目をキラキラ輝かせてそう言ってくる店長に、私は何の疑いもなく
「へぇーーーーー✨すごい!そうなんですね!✨」
と、感心してしまい、店長の言うとおりに計算をしようと、電卓を出しかけ…
先ずはヒントから...

一番よく見渡せるDが何故分からなかったのか?
それを踏まえて。

Aは壁を向いて、自分一人なので分からない。
Bも、壁を向いて後ろの様子が分からない。
ということで、残るはCとDです。

暫くの沈黙の後...とあるので、Dは悩んでいます。
BとCの色が分かっているDが、何故、自分の帽子の色が分からないのか。

CはBが黒だと分かります。
でも、『Dが何で「分かった!」と叫ばないのか?』 と、Cは思います。
C自身が「白」と考えると、Dは直ぐに自分が「黒」だと分かり、叫ぶのになぁ...。
叫ばないということは、Cは自分が「黒」だと分かり、答えは「C」となります。

アラフィフおばちゃんの下手な説明...お…
昨日、お昼の休憩中に、「これ、分かる?」と、店長がお題を出して来られました。

お~!よっしゃ!解いてみるか!
意気込んで挑戦してみたものの、「...」分からない。

「ヒントは、実は単純で簡単。」

ん~?単純?簡単?
「店長!降参!参りました💦」

さぁ~、皆さんは分かりますか?


消しゴムさんの救出、無事任務完了出来ましたでしょうか?
「忍。忍。」鉛筆さんたちが忍術『塵取りの形』を作って、消しゴムさんを取り囲んでいます!
鉛筆さんを動かして、消しゴムさんを外へと救出してください...!
ただし...
①動かしても良い鉛筆さんは、2本だけ
②『塵取りの形』は変えない
③『塵取りの形』の 向き は変わってもOK!

※注意!消しゴムさんを直接触ってはいけません(笑)

お家にあるものを実際に使って考えてみてください!(^^)!
さぁ~て、分かるかなぁ~♪

【 追記 】
これは店長との雑談、IQのお話になったとき。
「おっ!」と店長が細い目をパチクリさせて紙に描き描き。
「さぁ~て、分かるかなぁ」と、満面の意地悪な笑みを浮かべ、私に出されたクイズです♪
私は家に持ち帰…
以前、当店がお取り扱いをしていた物件の紹介の中に、「ヒュッゲ」という言葉がありました。
私はこの言葉を全く知らなかったので、早速調べてみると。

「ヒュッゲ」とはデンマーク語で、日本語に訳せる言葉はありませんが、「スローな時間を楽しんだり、そのための環境を整え、日常に幸せを感じる」という暮らしのスタイルの一つだということでした。

日照時間が短い北欧では、家の中での暮らしが多い為、建物の内側に重きを置かれています。
どのようにすれば、家の中での生活が豊かになるのか。

近年、日本では北欧家具が人気を博しています。
私も北欧家具のサイトを見ては、日々、妄想に明け暮れています。
なぜ北欧家具に魅力を感じるのかなぁ..…
今から5年前の冬、派遣の仕事に出勤しようと、車まで行くと...
『❤』と『いってくる』の文字が目に飛び込んできた。

「あら ♪」
思わず声が出て、片道40分の通勤も、笑顔であっという間だった。

そんな幸せを与えてくれる長女は今年24歳。
今も私に、私が経験したことのない、素敵な世界を絶えず見せくれる。

幸せのおすそ分けをいつもありがとう ♪
筆者の上司のご家族様 ♪

何とも言えない、哀愁漂う・・ふたり!?の背中 ♪
相棒?兄弟?
主従関係?はどちらが上かな?友達なら序列は一緒だね。
遊ぶとき、二人は一緒 のポージング♪

フフッと思わず微笑んでしまう、可愛いぃお姿(^-^)♪

日常の、ふとした光景に、小さな幸せがあり、
小さな幸せが、大きな幸せを紡いでゆく。。。
暖かな日差しにまどろむような、そんな幸せな気持ちになりました 。


お恥ずかしながら、以前私が住んでいた我が家のリフォームの経緯をほんの少しだけご紹介させてください。

20年前、前入居人(ご高齢男性)がお亡くなりになられ、空き家になり家が朽ちてしまうので、私たち夫婦に住んでもらえないかということを仲人さんから依頼され、当家での生活が始まりました。

当時、築60数年。単身のご老人の一人暮らしの家はゴミ屋敷と化していました。
その頃、主人が透析治療の為、入退院を繰り返しており、仲人さんからの依頼を承諾した後は、私と知人3人でゴミを片付けるところから始めました。
足の踏み場も無いほどのゴミ...いえ、男性にとっては必要な物・宝物だったでしょう。
朽ち果てそうな炊事場の流し台に…