火災保険とは

不動産を購入するときに必要な「火災保険」
~火災で家が燃えてしまったときにだけ補償してくれる保険~
そんな風に思われている方、いらっしゃいませんか?
私も、そのうちの一人でした。
ところがどっこい、補償範囲が意外と広い保険なんです。

どんな保険?

火災や災害から家と〇〇を守る保険です
火災保険は、家(建物)家財が火災や災害で損害を受けたときに、その費用を補償する保険です。

どうして火災保険が必要なのでしょうか
「災害はあるかどうかわからないし、うちは火事を起こさないから大丈夫」と思う方もいらっしゃるのでは...
自分は大丈夫かも知れませんが、では、お隣さんが火事を起こされた場合はどうでしょうか?
Q.隣家からの延焼による被害を受けました。隣家から損害賠償の請求は出来ますよね?
A.その費用は隣家に請求できません。
「失火責任法」という明治時代に定められた法律があるためです。

火災保険を契約する人は
建物でも家財でも、所有者が火災保険を契約することが一般的です。

火災保険料の金額
火災保険の保険料は、おもにその建物や家財の所在地と、建物の構造・広さなどによって決まります。
保険会社は、都道府県ごとの過去の損害率を参考に、保険料を決めています。

火災保険で補償されるリスク

火災保険は火災だけではない
火災保険の補償は、火災が原因による損害だけではありません。
「自然災害」や「盗難による損害」も補償の対象となります。
すまいを取り巻く、様々なリスク 】
 ◎火災リスク
 ◎水災リスク
 ◎風災リスク
 ◎破損等リスク
 ◎盗難、水濡れリスク

補償の範囲は、保険会社ごとの商品内容や個々の契約条件によって変わりますので、代理店などにご相談ください。



基本補償にプラスして、オプションとして特約を付けれる補償

事故時諸費用特約
保険金の支払い対象となる事故で、家(建物)や家財が損害を受けたとき、その損害保険金の〇%が支払われるという特約です。

類焼損害特約
「失火責任法」ですが、いくら法律で賠償の義務がないと言っても、自分が起こした火災で隣家に損害を与えてしまったら、心情的に知らないふりはできないところも...。
そこで、類焼損害特約は、自宅で起こした火災が隣家に延焼して損害を与えてしまったとき、隣家が付けている火災保険で足りない分の損害保険金を支払う特約です。

地震火災特約
火災保険では地震が原因の損害は補償の対象外です。
そこで、この特約を付けていれば、地震による火災で損害を受けたときに保険金が支払われます。
※保険金が支払われるためには損害の程度にも条件があります。

火災保険のメリットデメリット

* メリット *
・補償や特約など、自分に必要な補償を選べる
・自動車保険と違って等級が無いので、保険を使っても保険料が上がらない
・建物・家財の他、門や塀、車庫なども保険の対象に入れることができる
・契約時に明記物件として保険証券に明記すれば、宝石や貴金属など、1つの価格が30万円を超える高額なものであっても補償される
※家財を保険の対象として契約する場合に限る

💡門や塀、車庫などが保険の対象に入っているかどうかは、証券やウェブの契約内容が面でも確認できます

* デメリット *
・地震・噴火は対象外
・特約など保険の内容が分かりにくい
・時価基準で契約にすると、保険金だけでは再建・再購入できない場合がある

さいごに

火災や災害で済む場所が無くなったり、電化製品や家具が全て壊れたり...あまり実感はないかもしれませんが、いざ想像してみると、とても怖いことです。
保険は、それらの『もしも...』の不安を解消されるものでもあります。

元通りとまではいかなくても、ある程度の金銭的な心配事がなくなるだけで、その後の生活の再建がしやすくなるのは間違いありません。

ちょっと難しい部分もありますが、いざというときに必要な補償を受けるためにも、これから加入する・すでに加入している火災保険について一度チェックしてみるのもいいかと思います。

東武住販の火災保険

東武住販では、「保険代理店事業」も行っております。
◎火災保険
◎地震保険
◎自動車保険

【 取扱い保険会社 】
・三井住友海上火災保険株式会社
・東京海上日動火災保険株式会社
・SOMPOホールディングス損害保険ジャパン株式会社


当社の保険専門スタッフが丁寧に対応いたします。
団体割引などもありますので、不動産をご購入の際には火災保険加入もご相談ください。