工作、頑張りました!←誰が?

お正月から早5か月...
長女が買ってくれた輪飾りで、床の間を華やかに演出していたのですが、5月にもなれば「そろそろ終おうか」となり(いや、その前に、1月15日で終わなきゃ💦)、さて、次は何で床の間を演出しようかと考えていたところ、あったあった✨
5~6年前に、山口市の雑貨屋さんで購入した端切れ。
模様が北欧風で、壁に飾ると良いなぁと思い購入しましたが、ずっと生かせずにいた端切れがあった、あった✨
さぁ、どういう風に飾ろうか?
ネットで調べてみると、「ファブリックパネル」と出てきて、作り方もある。
ん~~~~~~。
『案ずるより産むが易し』?
『善は急げ』?
とりあえず、山口市のクロスランドへ息子と直行!
何か良い物がないかと探していたところ、目に入りました『糊付きパネル』!
「これだ!」と、早速購入。

夜、布を取り出し、パネルに当ててみる。
イメージが湧いてきた。
ふと、息子を見る。
携帯でYouTubeを見ている。
いや、見ているけど、本心は私の工作がやりたい...きっとやってみたいと思っているに違いない✨
息子に「やってみる?」と聞くと「やって欲しいんでしょ」と(笑)
「パネルに糊が付いているから簡単よ」
裏に折り返す部分の布に、アイロンで折り目を付けてから息子にバトンタッチ。
「手を切りさんなよ」
と、パネルを切る腕の太い17歳の息子の心配をしながら、見守る?私。

折り返した部分を、両面テープとホッチキスで止めれば、完成✨
「出来た~✨」
息子もまんざらでもない様子。

床の間の壁に飾り、無印良品のアロマディフューザーを点け、にんまり眺める。

「あ~。工作、頑張ったわ✨」
え?誰が?
...息子が頑張ってくれたお陰で、端切れが生き返り、北欧風の空間が生まれました(^-^)♪




作業工程を写真に収めれば良かった...
後の祭り。
既に、パネルに貼ってしまった端切れです💦

どうでしょう?
ちょっと控えめの飾りになりました💦
お正月までこのまま、床の間を演出させます!